公聴会のお知らせ!

日時:2018年2月5日16:45~18:15時

場所:法政大学大学院棟401教室(4階の1番教室)

新宿区市谷田町2-15-2(外堀通りに面する13階建てのビル)

論文題目:繰返し荷重を受ける孔あき鋼板ジベルの履歴構成則に関する研究

論文提出者:株式会社IHI 木作友亮

審査委員:藤⼭知加子(法政大学・主査),中島章典 教授(宇都宮大学)森 猛 教授(法政大学),溝渕俊明 教授(法政大学)

*どなたでもご聴講いただけます.

カテゴリー: 未分類 | 公聴会のお知らせ! はコメントを受け付けていません。

第39回風力エネルギー利用シンポジウム 39th Application of Wind Wnergy Symposium

第39回風力エネルギー利用シンポジウム(日本風力エネルギー学会)にて,一般研究発表を行いました.

大川正紀,藤山知加子,子田康弘,門万寿男「陸上風車における基礎振動特性の分析と破壊形態の予測」,第39回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.355-358, 2017/12/6-12/7(東京)

We,published a thesis at 39th Application of Wind Wnergy Symposium(JWEA).

M.Okawa,C.Fujiyama,Y.Koda,M.Kado:Analysis of vibration characteristic and failure mode of onshore wind turbine foundation,2017/12/6-12/7,Tokyo.

カテゴリー: 未分類 | 第39回風力エネルギー利用シンポジウム 39th Application of Wind Wnergy Symposium はコメントを受け付けていません。

2017土木学会(福岡) Japan Society of Civil Engineers 2017 Annual Meeting

2017第72回土木学会にて以下の3件の発表が行われました.

高橋正也,藤山知加子,田中泰司:擬似クラック法による実橋RC床版の劣化再現手法の検討,第72回土木学会年次学術講演会講演概要集,I-142,2017.9.

Masaya TAKAHASHI,Chikako FUJIYAMA,Yasushi TANAKA:ALTERNATIVE SIMULATION SYSTEM OF ACTUAL BRIDGE RC SLAB’S DEGRADATION USING PSEUDO-CRACKING METHOD

南波謙太,藤山知加子,熊野拓志:鋼コンクリート合成床版を用いた連続合成桁における中間支点部有効幅の検討,第72回土木学会年次学術講演会講演概要集,I-190,2017.9.

Kenta NANBA,Chikako FUJIYAMA,Takushi KUMANO:EFFECTIVE WIDTH OF STEEL-CONCRETE COMPOSITE DECK SUBJECTED TO OVER THE INTERMEDIATE SUPPORT OF COMPOSITE PLATE GIRDER BRIDGE

加藤遼二郎,藤山知加子: 若材齢及び凍結させたセメント材料を用いた高載荷試験,第72回土木学会年次学術講演会講演概要集,V-204,2017.9.

Ryojiro KATO,Chikako FUJIYAMA:HIGH SPEED UNIAXIAL COMPRESSION TESTS WITH EARLY AGE AND FROZEN CYLINDER SPACIMENS OF CEMENT

カテゴリー: 未分類 | 2017土木学会(福岡) Japan Society of Civil Engineers 2017 Annual Meeting はコメントを受け付けていません。

JCI2017仙台 JCI Annual Convention in Sendai

2017コンクリート工学年次大会にて以下の2件の発表が行われました.

木作友亮, 藤山知加子:合成床版の実験再現解析によるずれ止め分散モデル化手法の検証,コンクリート工学年次論文集,Vol.39, No.2, pp.1045-1050,2017.7
Tomoaki KISAKU, Chikako FUJIYAMA: Examination of dispersion modeling method of shear connectors by experimental replication analysis of steel concrete composite slabs

藤山知加子, 小川健, 子田康弘, 仙頭紀明:水圧を繰返し与えたコンクリートにおける砂利化検証実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.39, No.2, pp.610-616,2017.7
Chikako FUJIYAMA, Ken OGAWA, Yasuhiro KODA, Noriaki SENTO: Deterioration of concrete caused by cyclic water pressure

カテゴリー: 未分類 | JCI2017仙台 JCI Annual Convention in Sendai はコメントを受け付けていません。

MECHCOMP3

Prof. Fujiyama and Ph.D candidate gave a presentation at 3rd International Conference on Mechanics of Composite, July 4-7, Bologna, Italy.

T. Kisaku (D3) “Hysteretic shear model for perfobond rib shear connectors
C. Fujiyama “Fatigue damage analysis of steel-concrete composite bridge deck by FEM

カテゴリー: 未分類 | MECHCOMP3 はコメントを受け付けていません。

fib Symposium 2017 Maastricht

Prof. Fujiyama gave a presentation entitled as “Strain Rate Effect of Cementitious Materials Influenced by Existence of Water and ITZ around Aggregates” at fib symposium 2017, June 12-14, Maastricht, Netherland.

カテゴリー: 未分類 | fib Symposium 2017 Maastricht はコメントを受け付けていません。

第38回風力エネルギー利用シンポジウム 38th Application of Wind Energy Symposium

第38回風力エネルギー利用シンポジウム(日本風力エネルギー学会)にて,日本大学と共同でポスター発表を行いました.

藤山知加子,植田祐司,子田康弘,仙頭紀明:「風車タワー振動による基礎コンクリート疲労損傷の評価に関する研究」,2016/11/30-12/1 (東京).

We, Hosei University and Nihon University, presented a poster at 38th Application of Wind Energy Symposium (JWEA).

C. Fujiyama, Y. Ueda, Y. Koda and N. Sento: Evaluation of fatigue of concrete foundation subjected to vibration of wind turbine tower, 202016/11/30-12/1, Tokyo.

poster for JWEA2016

カテゴリー: 未分類 | 第38回風力エネルギー利用シンポジウム 38th Application of Wind Energy Symposium はコメントを受け付けていません。

平成28年土木学会全国大会(仙台) JSCE Annual Meeting 2016

平成28年土木学会全国大会(仙台)にて以下の4件の発表が行われました.

下舘 啓人,藤山知加子,子田 康弘,門 万寿男:フーチング―タワー直接接合形式風車の振動特性分析と基礎破壊形態の推定,第71回土木学会年次学術講演会講演概要集,CS3-007,仙台,2016.9.

星名浩人,藤山知加子,松村寿男,和田均,熊野 拓志:数値解析による外部拘束力作用下での頭付きスタッドのせん断力-ずれ変位関係の検討,第71回土木学会年次学術講演会講演概要集,CS3-031,仙台,2016.9.

植田祐司,藤山知加子,子田康弘,仙頭紀明::二次元振動台を用いた風車基礎接合部疲労実験,第71回土木学会年次学術講演会講演概要集,CS3-008,仙台,2016.9.

木作友亮,保阪拓実,藤山知加子:孔あき鋼板ジベルの最大せん断力のばらつきに関する研究,第71回土木学会年次学術講演会講演概要集,CS3-037,仙台,2016.9.

カテゴリー: 未分類 | 平成28年土木学会全国大会(仙台) JSCE Annual Meeting 2016 はコメントを受け付けていません。

Best Paper Award!

Yuji Ueda (M2) was awarded at SCESCM!

Presenter :Yuji Ueda
Title :Damage Process of Concrete Around Anchor Frame inside Footing for Steel Pier
Award: Best Paper Award
Conference Information : The 3rd International Conference on Sustainable Civil Engineering Structures and Construction Materials, September 5-7, 2016, Bali, Indonesia

Congratulations!

カテゴリー: 未分類 | Best Paper Award! はコメントを受け付けていません。

3rd SCESCM, Bali, Indonesia

PhD candidate and Master students gave presentations at “3rd International Conference on Sustainable Civil Engineering Structures and Construction Materials (SCESCM)“, 5-7 Sept. 2016, Bali, Indonesia.

Tomoaki Kisaku (D2) “Modeling of unloading and reloading histories of perfobond-rib shear connectors”
Hiroto.Hoshina(M2) “Performance of headed stud on steel-concrete composite bridge deck as shear connector subjected to normal force”
Yuji Ueda(M2) “Damage Process of Concrete around Anchor Frame inside Footing for Steel Pier”

カテゴリー: 未分類 | 3rd SCESCM, Bali, Indonesia はコメントを受け付けていません。